CD250Uカスタムフロントウインカーの取り付け メインページのトップに戻る
メインページのトップに戻る

左右対称のフロントウインカーの画像です

CD250Uカスタム フロントウインカーの取り付け

リア周りのウインカー交換は完了しているので今度はフロント周りのウインカー交換をして見ましょう。
純正のウインカーは色々デザイナーが考えているので問題ないデザインですが私はバッサリ取りたいと思います♪

このハンドルの形・・・、私には合わないので変えたいと思います、このハンドルは安いメッキをしていますね、次のがぞうを見れば解ります。

取り外し方

ハンドルを見てください、錆が酷いです、このハンドルは購入したのは半年前くらい。もう全体的に錆が進行してしまっています、レブルの純正のハンドルは何年も経っていますが今尚綺麗な状態で残っています。安いメッキをしていないホンダの技術、下請けの技術の結晶です!

取り外す細かい画像が無いのは申し訳ないのですが、この画像で説明したいと思います。

まずヘッドライトとライトケースを分離するために、ライトの斜め下にあるプラスのネジを取ります。
取ると下の画像のようになります、その次にライトの左右に17mmのボルトを取ります、取ることによってウインカーを止めている裏ネジを外すことができます。
ライトとライトカバーが分離した画像

注意点



のこりは配線処理です、ウインカーの配線と繋がっている配線をよく覚えておきましょう

アースは緑色です、皆様の参考になれば良いと思ったので載せておきます。

左右非対称なのが良くわかります

左側が新品のカスタムウインカー。

小さいウインカーよりも大きい方が当時感を出すことが出来ますよね??

ここでレンズをクリアウインカーにしてしまうと雰囲気台無しで

、当時にクリアウインカーなんてあったのでしょうか??
右側のウインカーも取り付けることが出来ました

純正のゴムブッシュも活用しているし振動対策も完璧

ウインカーのスイッチを押してみたところ・・・

ちゃんと点灯、点滅確認できました♪
ウインカー交換完了!全体図です 全体図ですが解りにくいですね・・・(泣)

次は自作で製作した集合管のリアステーの製作

サイドカバーの塗装

チェーンカバーの塗装、ハンドル交換です。

ハンドルはレブル250の純正ハンドルが自分の理想の形をしているような気がするのでちょいと流用しちゃいます。



戻る
戻る
CD250Uのトップに戻る
CD250Uのトップに戻る
次へ
次へ