フロントキャリパーの掃除2 メインページのトップに戻る
メインページのトップに戻る

キャリパーを分解しています

CD250U フロントキャリパーの掃除

六角が外れたら、耐水ペーパーで軽く磨いておきましょう。

多分、グリス汚れや軽く錆びていると思います、その汚れや

錆を落とす程度に。

そうすればキャリパーはスムーズに動きます。
バラされたキャリパーです 六画のネジが外れたらブレーキパッドを取り

とことんばらしましょう。
歯ブラシで綺麗にされているキャリパーです このように合成洗剤をかけて歯ブラシで綺麗にしましょう。

このとき、キャリパーピストンをもっと綺麗にしたいと言う理由で

ブレーキレバーを握るのは止めましょう!

出てきたキャリパーピストンを引っ込めるのは・・・

本当大変です!
グリスアップしている画像です 2個上の画像の突起物にグリスを付けておきましょう。

この時付けすぎはよくありません。

そしてブレーキパッドとブレーキディスクの接触面などに

グリスを付かないようにしましょう。

ブレーキが効かなくなります。

これで逆の手順で組みなおせば完成です。

駄目だったらバイク屋に持っていけば良いのです。

なんでもチャレンジです!



戻る
戻る
CD250Uのトップに戻る
CD250Uのトップに戻る
次へ
次へ